忍者ブログ

一葉秋,怎知心


歲月的牆遮蓋了半壁光陰,旖旎的風景沉睡在秋風裏,寫下的段段詩行有些寂寥。

倚著窗,聽著歌,散落的陽光,

習慣每天在這時溫一盞茶,茶香飄滿整企業培訓課程個小屋,提筆落墨,碼好的字隨著暖陽一起沁入心底,暖暖的,真好。

都說喜歡回憶的人,心已經老了,也許吧,一指光陰,細細密密鋪滿院落,那些曾經擁有的、那些值得懷念的,都匆匆的遠了……不著邊跡。

看那長滿青苔的小巷,還是如初的模樣,你記得,或者忘記,匆匆相遇,匆匆的擦肩,美好的回憶,定格成了永恆。

多年的文字一直留在現在,偶爾翻閱,點點滴滴也會泛起漣漪,那些相逢的友人如今已成了流年過往,你記得也好,你忘記也罷,我卻始終留你在我的記憶裏,不失,不忘。

青澀的文字,現在已蒙了霜,多少愛、多少恨、多少怨,早已成了過眼雲煙。

秋風瑟瑟,一季花開,一季花落,落葉紛飛,飛口腔噴劑漫天,倚著秋,我種下一枚相思的種子,只希望來年你經過這裏把它拾撿,好好收藏,那裏的深情絮語,只有你懂。

淺秋向暖,將心在陽光下晾曬,把一份素念輕輕揮灑窗外,讓思念的種子隨著一枚葉子低垂,落入塵埃,掩埋。

楓葉的清香還在枝頭曼舞,輕輕搖曳,帶著萬般不舍,上面寫滿素簡小字,是不是它會隨輕風飄向遠方,落在那個我期待的城池,然後字字生香,把所有愛戀凝固。

依窗,靜坐,把一些亂章臨摹,或詩情畫意,或淚雨闌珊,或愁緒飛揚,或悲喜交加,我都會用心書寫,揮灑我豪情萬丈。

不知不覺已是暮秋,寒涼步步緊逼,我躲在室裏窺探窗外飄飛的楓葉,它伴著晨風、迎著朝陽,在秋風瑟瑟中翩翩起舞,或詩意、或浪漫,或激情,一起一落,盡情演繹。

時光無言,光陰從指縫中溜走,細數過往,還歷實德金融 倫敦金歷在目,你來過我的世界,我去過你的城,溫馨的、浪漫的,憂傷的,都在一卷書冊裏記載,閉目,沉思,有緣相遇的,無緣錯過的,都會在我的生命的留下印記。

時間的沙漏一點點的流失,光陰越來越厚重,秋風掃著落葉,層層疊疊把心事掩埋。

聽著歌,單曲迴圈,一遍遍聽到無聲,聽到落淚,想著你的樣子,想著我們一起走過的青石板路,那裏的點點滴滴,都是最美的暢想。

秋有些薄涼,碼好的字,被秋風吹散,會飄到哪里?你會不會恰巧遇上,會不會能讀懂字裏行間的深情厚誼,懂與不懂我都希望你能放在心上。

紫陌紅塵深處,兜兜轉轉總會遇見,相依攜手,且行且珍惜。

攜著一縷清淺光陰,端坐在紅塵陌上,那些陳年過往隨著陣陣秋風飄遠,無論歲月怎樣變遷,我依然等你經過,等你陪我看花開花落、看細水長流。
PR

悠悠水雲間


水雲間
伊人蕩帆水雲間,輕賦詩夢入塵煙,裁流雲織錦夢,寄語彩虹意闌珊。悠悠水雲間,伊人夢闌珊,往事輕飄遠,捏花淺笑笑嫣然。
----------------------------------------題記
昨夜,月盈照,伊人夢闌珊,淺筆寫寂寞,淡墨描情懷。月盈盈,照中天,華燈璀璨,燈光連星光燦,倚欄觀望,繁星滿天,顧紅塵卷吟詩,盼相聚,人間情牽,思緒萬千,美景如畫;凝望間,月夜獨倚欄。往事已成雲煙,輕輕走遠......
今夜,月明星稀,夕陽美景留畫卷,古琴奏曲,婉轉韻,顧前塵路,芳華流逝如夢。攜一卷詩卷,安放於你的枕邊,伴你入夢甜;美麗的海邊會有深情無限,輕載夢縈繞你的身邊,飄逸塵間愛不會變,無論鶴發煥顏;脈脈情思蕩漾迴旋在時空飄到你的康泰旅行社面前;無限感慨在心間,惟願伴你入甜美夢鄉,酣眠!今夜攜心入夢恬。
一夢走遠,靜夜思緒萬千,踏青舟雲水間,悠然輕逸漣漪濺。山峰聚秀,綠水依然,雲水間輕浮塵煙,徒留一夢幽簾。淒淒然,夢微瀾,往事如煙,人空瘦,花飄落,撫琴奏弦欲斷,醉彈聲聲慢,時光流逝,轉眼千年。
是否,你還守著千年前的盟約,守候著,心香脈脈,柔情萬千,踏蘭舟雲水間?
夢魂逸散,往事如雲煙,時光如水,彈指一揮間。悠悠逸浪香舟遠,尋覓桃源夢境幽。試問?心中若境界美,何處不是水雲間。
千年前,遇見,訴心曲,一襲素衣舞霓裳,撫琴輕奏絲竹弦。千年系夢馨香漫,寄語詩卷載幽瀾。昨日,笑語連連,今朝,寂寞空亭婉,芳華輕逸水雲間。
總想寄語素卷,傾訴心中的萬語千言,思念似海,筆筆凝情,悠然水雲間。
總想尋一山屋,仲夏綠韻輕拂,青草恬靜逸晨風,清悠淡泊遠塵弦,不識人間煙火,輕輕飄蕩水雲間,踏夢輕輕走遠。
纖手香凝撫琴奏,素卷吟詩詠華年。形如柔柳拂風漫,靜若姣水心如蓮。
幽月盈盈傳韻律,清風款款拂面來。一曲悠歌奏輕弦,萬卷詩書墨綻妍。雲霧間輕逸,攜彩霞增輝。伴朝陽共舞,依幽月共眠!贵金属招商
踏紅塵,醉流年,芬芳溢,往事隨風花蝶翩。沐朝陽,霞光染,夕陽暉,清風明月漫倚欄。幽月瑩,星光閃,舞娉婷,一襲素衣奏輕弦。
月如歌,旋律悠揚奏凱歌。花如夢,嫣然綻放蝶舞翩,踏香舟,水雲間輕度慈航。舒香卷,入畫廊徜徉流連!
輕點朱唇,細描香帕,驚了鴻雁,拂動輕盈揚花。綠浪漣漪蕩,粉蕊俏嫣然,盈月當空掛,相思奏琴弦,醉聽琵琶弦音宛如夢幻間。
寂寞紅塵添惆悵,魂牽千年續前緣,輪回悠悠夢輕載康泰領隊,深情一生難相見。紅塵中,思念朝朝暮暮,今日何處尋覓?傷悲泣,痛,盈滿懷,難相聚,惹塵埃,共此花夢賦詞篇,今生離恨天,幽幽情愫難耐,淚雨紛紛,徒枉然。
走著走著,就淡了,漸漸遠了,慢慢看不到歸期,君問歸期未有期,巴山夜雨漲秋池,一夜風雨淒涼溢,何處容身夢淒淒,卻道是,人間苦,無處話淒涼,夢魂逸散,花落香夢斷塵間。
花褪殘紅草流芳,燕子展翼辭行,綠水環繞青山含黛朦朧隱,天涯何處夢淒然,秋千空蕩人難覓,離人不知君心意,卻把桃箋負水流,怎個離愁,相思弦奏歌,曲曲旋律飄遠。
時光流逝,天涯幽芳,攜心漫一程山一程水,朝夕相戀,朝迎旭日,暮賞夕陽,攜夢彩雲間,裁雲朵織就錦夢依然。幽簾輕垂水雲間,恬靜悠然渡香帆。
倘若迷途跌入重生畔,只留雲夢相伴,宿夢裏,誰在主宰輪回間的緣?流年花絮輕飄散,歲月靜好恬靜安然,踏雲夢水雲間,恬靜安然,素卷輕語,不訴殃。
紅塵夢逸,載香舟輕飄遠,三千青絲為誰挽。如君委婉贈銀釵,我便為君胭脂花粉敷面,續青絲如瀑飄逸塵間。芳華輕漫,朝夕相盼,醉看流年。笑看庭前花開花落;淡觀雲卷雲舒;水雲間輕度香帆,載夢輕飄遠,.....
深情凝婉轉,素卷寫意人生,輕歎華年。展紙逸揮灑,纖手香凝賦詞,墨溢芳菲。
依夢水雲間,情愫不變遷,將心語凝素卷,幾度芳華夢闌珊康泰導遊,踏雲夢相隨,悠悠然千年,載香帆,萬卷詩詞,留素卷,墨醇綻妍,徜徉文字間,有纖夢相隨,輕歌奏婉,醉流年......

未完の旅行


明日の朝、出発。これを離れて私を連れて二十年に座記憶の都市。

この町の話が多すぎて、私の話をここまで中断。この千年の古い都市で、二十年あまり目立たないせわしなく行き交うの世界、私達も惜しんで折れ羽根に甘んじて自分の一生を象眼この土地のため、若い軽はずみから外の世界が大きい。

千年の伝承に殘した迷宮かもしれない、私たちの布の下で大陣、この小さな町の二人は、同き空が長いのに、かつて出逢えない、多分私は気は今も等待しない。

今夜、私は怒って、明日出発する直前、怒りないことに硬い開口:私たちは二人とも冷静になるだろう!そして、自転車に乗っていて、ひたすら前へ。

風そそのかすから私の服のすそ、少し寒いのに、気にしない。

ネオン街のにぎわいを経て。

行商人たちと交流のブースを経ながら。

経た歌声が聞こえてくるのktv。

街燈の下を通ってぼんやりして静寂。

街燈の下は夜などとのシルエットは、遠くの風土冴え。

私はそれを知っているとの南にあります1本のものの湖を横切って、上の橋を架けると南北、道に関しては、さっきからこの橋の上でした。湖の北岸、列の靑柳、北は常緑樹、大垣圈起の竹園とその他のいくつかの名もない花。一番外圏の人々の生け垣、北くっつく1本のものへのアスファルト。

左向け左は1本の砂が飛び交う、大型車が往来して空気の中に砂の味の約20メートルくらいの幅の道路を経て、二つのガソリンスタンドを東には田舎のアスファルト道路、田舎の道はあまり広い、約5メートルぐらいで、それでも、がいい。両辺は昼間厚靑の木が、この時はダークスレートのカバー、空の視線は、あと一条のように長い三途の川灰黒の幅の静寂。時々後ろからほど近いのライトをかき乱したはずのない街燈暗い寂風景、惜しい束の間の静けさは私の静かな感じで考え込む、呪いしかないこれらの悪徳の夜の不意の来客。

数年前、執着した繁華、地味な凝炼の美の習慣を無視し、しなやかな馨との日光は習慣としての細かい塵が、そこでわからない大切な罰、

その後、暗の中で堕落して道を恐れて夜に包まれて、夜が明けて。

その後、素樸なものが好きで、好きで重厚。厚克哉物徳が好きになった水のような穏やかな。

現在、すでにではないかもしれない今は、いつから開いて、日光が好きですか?淡いぬくもり淡い淡い、満足、幸せは、すべては淡い。贵金属招商

日光、生暖かい。

季節、肌寒い。

望まない求めない、あわてず、うつ。

水のように、張力無限、纳百川。

水のように、厚質で落ち着いて、内包の魅力。

水のように、舟を覆すも。

水のように、凝炼、英知、控えめで、闊達、静が深い。

水のように、染めない世俗は、その境。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[05/12 Pharmd200]
[05/12 Pharmd703]
[05/11 Smithd879]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R