忍者ブログ

未完の旅行


明日の朝、出発。これを離れて私を連れて二十年に座記憶の都市。

この町の話が多すぎて、私の話をここまで中断。この千年の古い都市で、二十年あまり目立たないせわしなく行き交うの世界、私達も惜しんで折れ羽根に甘んじて自分の一生を象眼この土地のため、若い軽はずみから外の世界が大きい。

千年の伝承に殘した迷宮かもしれない、私たちの布の下で大陣、この小さな町の二人は、同き空が長いのに、かつて出逢えない、多分私は気は今も等待しない。

今夜、私は怒って、明日出発する直前、怒りないことに硬い開口:私たちは二人とも冷静になるだろう!そして、自転車に乗っていて、ひたすら前へ。

風そそのかすから私の服のすそ、少し寒いのに、気にしない。

ネオン街のにぎわいを経て。

行商人たちと交流のブースを経ながら。

経た歌声が聞こえてくるのktv。

街燈の下を通ってぼんやりして静寂。

街燈の下は夜などとのシルエットは、遠くの風土冴え。

私はそれを知っているとの南にあります1本のものの湖を横切って、上の橋を架けると南北、道に関しては、さっきからこの橋の上でした。湖の北岸、列の靑柳、北は常緑樹、大垣圈起の竹園とその他のいくつかの名もない花。一番外圏の人々の生け垣、北くっつく1本のものへのアスファルト。

左向け左は1本の砂が飛び交う、大型車が往来して空気の中に砂の味の約20メートルくらいの幅の道路を経て、二つのガソリンスタンドを東には田舎のアスファルト道路、田舎の道はあまり広い、約5メートルぐらいで、それでも、がいい。両辺は昼間厚靑の木が、この時はダークスレートのカバー、空の視線は、あと一条のように長い三途の川灰黒の幅の静寂。時々後ろからほど近いのライトをかき乱したはずのない街燈暗い寂風景、惜しい束の間の静けさは私の静かな感じで考え込む、呪いしかないこれらの悪徳の夜の不意の来客。

数年前、執着した繁華、地味な凝炼の美の習慣を無視し、しなやかな馨との日光は習慣としての細かい塵が、そこでわからない大切な罰、

その後、暗の中で堕落して道を恐れて夜に包まれて、夜が明けて。

その後、素樸なものが好きで、好きで重厚。厚克哉物徳が好きになった水のような穏やかな。

現在、すでにではないかもしれない今は、いつから開いて、日光が好きですか?淡いぬくもり淡い淡い、満足、幸せは、すべては淡い。贵金属招商

日光、生暖かい。

季節、肌寒い。

望まない求めない、あわてず、うつ。

水のように、張力無限、纳百川。

水のように、厚質で落ち着いて、内包の魅力。

水のように、舟を覆すも。

水のように、凝炼、英知、控えめで、闊達、静が深い。

水のように、染めない世俗は、その境。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[05/12 Pharmd200]
[05/12 Pharmd703]
[05/11 Smithd879]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R